close up

第一期 異業種共創ワークショップ 第4回目開催

第一期 異業種共創ワークショップ 第4回目開催

去る2月17日(金)に異業種共創ワークショプ 第4回目が開催されました。

第4回目は、ビジネスモデルキャンパスを使っていくつもいくつも新しいサービスが生まれる日となりました。
つまり、新しいサービス・新しいビジネスを立てる100本ノック的な。

たった3時間で、新しいサービスやビジネス案を描くことができるのは、本当に簡単手軽にアイデア出しができるからです。
通常、アイデア出しをしても”さてどうビジネスに繋げるのか?”というところで立ち止まってしまう事が多いです。

よく、人間の資質を分析する手法やツールが沢山あれど、人が今でも迷える子羊であるのは、自分を知った上でそれをどう活かしていけば良いのか、そこまで見えないからです。

このワークショップでは、まずは、今、実際に成功している旬なビジネスモデルを、同じ方法で何度か分析して練習をします。
例えば、今、一人勝ちに近いビジネスモデルと言えば、Airbandb(エアービーアンドビー)があります。
このビジネスモデルがなぜ今人気なのか、多くの人が利用するのかを練習としてビジネスモデルキャンパスに落とし込んで行きます。

その後、2人一組になってお互いが持っているリソースや得意とするところのインタビューをし、ヒアリングした結果を、120%ハッピーにしたい顧客を想定してビジネスを組み立てていきます。

全く知らない人同士が2人組になってのインタビューです。
全く知らない人同士なので、先入観ゼロ。
しかも、時間が限られていますから、相手からいかに引き出すか必死に考え一所懸命に聞き出すわけです。

人間追いつめられると大抵のことはできてしまうのです。
皆さん、全員新しいビジネスモデルを作り上げていました。

惜しいのは「もっと時間が欲しかった」というお声。
でも、そのお声の先には「家に帰り、自分のビジネスモデルをいくつか立てて繰り返して練って行きたい気持ちになった」という言葉を頂戴しました。

そうなんです!そこを狙っていたのです。
結局は自分でやりたい!やるぞ!と思わないと、新しいビジネスモデルやサービスは生まれてきません。

もちろん、私もこのワークショップ後に新しいサービスを、練り始めたのは言うまでもありません。

毎回毎回、参加するたびに頭の中が活性化されるワークショップです。

[EDIT]