Event

本を読んで、おしゃべりをする効果とは…

本を読んで、おしゃべりをする効果とは…

今、考えられている「仕事」が
AI やロボットによって代替され、
時代の変換点にきているからこそ、
私たち「人」が行うべきことは何なのだろう?

私たち、リードフォーアクションでは、
「おしゃべり」と「創造」
することをあなたと一緒に
行っていきたいと考えています。

実は、おしゃべりという行為は、
私たちが思っている以上に
人の知識創造を引き出します。

18世紀のイギリス
ルーナー・ソサエティという
おしゃべり会があったそうです。
イギリスは、産業革命により
世界のトップに立つことになったが
産業革命を推進した
新発明や発見は、
ルーナー・ソサエティから
生まれたそうです。

20世紀には、
アメリカのハーバード大学に
アカデミックなおしゃべり会が生まれ
後々、ハーバード大学の名を
高らしめることになった
成果をだしてきたそうです。

今回紹介する
エキスパートカフェでは、
本をきっかけにたくさんのおしゃべりをします。

さらには、
著者がゲストとして登壇に
あなたとのおしゃべりに参加します。

あなたの叡知を引き出し、
あなたが創造する未来を加速する場へ
いらっしゃいませんか?



▼Expert Caffe(エキスパートカフェ)とは?

話題書の著者によるミニ講演会つき読書サロン。
いま話題の書籍を取り上げ、
短時間でそのエッセンスをつかむ読書会を行ったのち、
著者ご本人に登場していただきます。

著者ご本人から、
話題書の背景や執筆をされた時のエピソードのお話を伺い、
また読書会から出た質問にリアルタイムで答えていただきます。


▼今回の話題の書とゲストは?

今回のゲストは、鈴木貴博氏。

課題書は、『「AI失業」前夜―これから5年、職場で起きること』です。

日本ですでに始まっている
AIの知識労働分野への侵食について大胆な予測を行ない、
ビジネスパーソンがこれから何をすべきなのかを指南されています。



【鈴木貴博】氏プロフィール
経営戦略コンサルタント、百年コンサルティング株式会社代表取締役。
東京大学工学部物理工学科を卒業。
ボストン・コンサルティング・グループに入社し、
数々の大企業の戦略立案プロジェクトに従事。
ネットイヤーグループ(東証マザーズ上場)の創業に取締役を経て、
2003年百年コンサルティングを創業。専門は大企業の競争戦略。
『戦略思考トレーニングシリーズ』(日本経済新聞出版社)は
累計20万部を超えるベストセラーに。ほか、著書は20冊以上。
雑誌・Web等に寄稿・連載多数。自らを「経済エンタテナー」と称し、
さまざまな情報発信を行っている。



▼開催概要

開催日時:2018年 10月 26日(金) 19:00 ~ 21:00

参加方法:
 以下の3つの参加方法が選べます。

 (1) 表参道会場(Action Center of Business and Humanity")にて、
   ゲストがいる場へ直接参加する

 (2) 自宅などあなたの好きな場所からオンラインで参加する

 (3) 各地のサテライト会場にて参加する
   会認定のファシリテーターが表参道のメイン会場と中継をつなぎ読書会をガイドします。
   開催会場につきましては、申込欄を確認ください。

 いずれのご参加におきましても、後ほど録画で視聴していただくことができます。

持ち物:課題書『「AI失業」前夜―これから5年、職場で起きること
 ※事前に購入してご持参ください。

参加費:3,240円 (税込)
 ※サテライト会場につきましては、各会場にて参加費を確認ください

▼参加申し込み

 (1) 表参道会場(Action Center of Business and Humanity")にて直接参加する

 (2) オンラインで参加する

 (3) サテライト会場にて参加する
   仙台会場
   浜松会場
   大阪会場
   熊本会場