interview

本を通じて人がつながり、そして行動につながる場

本を通じて人がつながり、そして行動につながる場

こんにちは、
リーディング・ファシリテーターの下良果林(しもらかな)です。

今回は、徳島~四国全域を拠点に、起業・創業支援、新事業のサポート、コワーキングスペースの運営、そして読書会のプロデュースなど、多方面でご活躍中のリーディング・ファシリテーター、観元 眞人さんをご紹介いたします。

観元 眞人さん

 * * * * *

― 普段は、どんなお仕事をされていますか?

徳島にて4年半前から学びをベースとしたコワーキングスペースを運営しております。
主に起業・創業支援やビジネスモデル構築支援などをおこなっております。
また、3年前からは本を介さない、ダイアログ/フューチャーセンターの役割も担っております。

平成28年には、にし阿波・地域連携ビジネス創出支援事業運営協議会様より「にし阿波・ビジネス創出支援アドバイザー」に認定いただきました。「にし阿波に人(企業・大学等)を呼び込み、当地に集った人と人(地域事業者等)をつなぎ、新たな地域ビジネス創出への取組を支援する」という行政の事業目的のもと、ビジネスモデル構築への支援をおこなうという役割です。

平成27年に立ち上げ、現在事務局長をつとめる創業スクール・一般社団法人地域活性士会「夢や理想をカタチに実現する女性が輝く創業スクール」では「マインドセット」「仲間づくり」「スキルアップ」の3つを重視し、オリジナルカリキュラムの中に本からアイディアを得るRead For Action読書会を2年連続で取り入れています。
平成27年度は「全国創業スクール選手権」において、全国の創業スクール受講者3,050名の中からセミファイナリスト16名に、我々の創業スクールから1名選出していただきました。平成28年度は「優秀 スクール10選」に表彰していただきました。

全国創業スクール選手権

まさしくRead For Actionの読書のスキームを生かして本の作者に問いかけつつ、本から得られたトリガーワードを商品開発アイデア~商品化~ネーミング~パッケージ案に活用する、ということをしております。日本一の清流と言われる穴吹川が流れる美馬市においても、本から得られたアイディアをもとに、小麦の生産を農家さんと共に3年前から着手しております。


― リーディング・ファシリテーターとなった時期とそのきっかけについて、教えてください。

平成26年4月13日、大阪で木村祥子シニア・リーディング・ファシリテーターのもと、養成講座を受講いたしました。

その大きなきっかけは、同年2月に参加した、大阪帝国ホテルにおける神田昌典先生の2022講演会です。講演の中で「まちぐるみ読書会(まちヨミ)」を推進中のRead For Action読書会の活動についてお聞きし、Read For Action読書会そのものの可能性だけでなく、地域活性をおこなう流れがその読書会によってできうるだろうと強く感じたことにあります。

地域活性について、四国で初めてのコワーキングスペースの運営を4年半前から開始し、事業のマッチングや創業、事業構築のご支援をしているかたわら、地域活性について人と人がどうすればつながりやすくなるのか、またつながる場をもっと増やせないかと模索していた折に、Read For Actionを知ることができました。本を通じての対話……人がつながり、行動につなげていくというコンセプトに、強く共感いたしました。

そしてその年の7月に、四国で初めて、徳島県の公共施設を借り切り、木村さんをお招きして「まちヨミ」も実施。その際は約45名もの方にご参加いただき、マスコミ各社にも取り上げられました。

実は、そこからマッチングが生まれた、ということも。美馬市の農家さんの小麦と上勝町の阿波晩茶のコラボのきっかけにもなりましたし、結果的にその2年後「にし阿波・ビジネス支援アドバイザー」に認定していただいたことにもつながっています。

コラボ商品


― 読書会から人とつながって、お仕事上のマッチングが生まれ、そしてさらなるビジネスの展開につながっている、というのはとても素晴らしいですね!
読書会の特徴について教えていただけますか。


読書会開催のディレクションをメインにしています。
リーディング・ファシリテーター養成講座を終えた方の読書会開催デビューのサポートをおこなっています。

地元書店で本を仕入れ、読書会企画やリーファシの得意分野を生かしたテーマを一緒に考えたりしながら開催しています。
特に地方における課題は山積み。各分野に精通する方の特徴や強みを分けて各読書会の運営サポートをしている感じです。各ファシリテーターの自主性を重んじて開催するように気をつけています。

神田先生の年始の2022講演会では、2015年~2017年の3年連続で前座イベントとして読書会を開催したときは、四国のリーディング・ファシリテーターの方々にご協力をいただき、メインファシリテーターとテーブルごとのファシリテーター、という役割を担っていただき、講演会の前準備としてより深い気づきや発見を高めていただこうと開催しております。

2022読書会


― 地域活性化と読書会のつながりについて、考えていらっしゃることがございましたら教えていただけますでしょうか。

人と人、人と地域、地域と地域がつながる方法としてRead For Actionの読書会を取り入れることで、より地域の方々の交流の活性や、また他府県や海外から来られた方との交流につながると思い、微力ながら四国でRead For Actionを広めていきたいと思っております。
 
読書会の企画を、延べ100回を超えてサポートし、その参加人数は1,300名を超えております。
その間に感じたのはコワーキング、すなわち協働とRead For Actionがリンクした、ということ。

なぜなら私は「Read For Actionは移動型のコワーキングスペースである」と位置づけています。テーマや本で、集まってくる人が変わり、その場でつながる。それは、私どものコワーキングスペース運営の基本にある「学び つながり 成長」のコンセプト通りで、いわば場所を持たずに動きながらコワーキングできることの素晴らしさを実感したからこそ。コワーキングと読書会の親和性は、特に高いと感じております。

そのようなこともあり、Read For Actionと出会って本を通じたコミュニティを育てていこうと、平成26年10月に「私設図書館 まちライブラリー@イノベーションセンター徳島」の機能も持ちました。

本を通じて、ご縁の場を広げていっております。


― 場の盛り上がり、ご参加者の特徴などにおいて「こういう話をすると毎回盛り上がる」など、地域性を感じられたエピソードはございますか。

Read For Actionそのものが、本を通じた場づくりです。
ご参加くださった方々が、自発的に内省対話ができ、人との対話を通じて気づき、さまざまな視点から進行される、その順序が循環されていく仕組みがなされています。
もちろん、各リーディング・ファシリテーターによってファシリテーションそのものの経験値に差はあるものの、Read For Actionの流れに沿って読書会をおこなうことで、面白いことがおこります。「小細工なしでできる」というのがいいですね。シンプルかつ、誰からも喜んでいただける仕組みです。

やはり一番盛り上がるのは、自己紹介の時の「アレ」ですね。
すみません。これは、Read For Action読書会に参加された方の特権なので、ここでは内緒にしておきます。
ですが、ご体験いただくと……「なるほど!」となります。
「アレ」をすることで、その場が勝手に盛り上がっていきます。
いわば、Read For Action読書会の醍醐味ですね。


―地元の書店と連携し開催された「あなたの会社が最速で変わる7つの戦略/神田昌典 新刊読書会」について、お聞かせください。

地元の書店との連携開催をおこなう際は、新刊を課題図書とすると決めています。
「あなたの会社が最速で変わる7つの戦略/神田昌典 新刊読書会」は、本の発売前におこないました。

通常、徳島は通常の発売日より遅くに出回るのが当たり前。ですが地元書店・平惣グループの担当の方に懇意にしていただいており、大変なご無理を申し上げて「1日でも早く」と出版社様や取次業者様に掛け合っていただき、発売前に届けていただきました。 
神田さんの新刊を誰よりも早く入手できること、また書店でおこなったこともあり、本好きな鶏肉加工業の経営者様やキャリアコンサルタント、事業主の方々にお集まりいただきました。

この本の4人目に、NTTグループの三宅泰世さんのことがRead For Actionの企業研修、企業内イノベーションの事例として掲載されている、ということを出版前に知り、そこで読書会には、Read For Actionならではのメソッド「ぐるぐる読書」でおこないました。
ただし、課題図書が同じなので、質問(問い)を回すかたちでご自身のキャリアの棚卸しを含め、質問に対してご参加者同士がよりお互いを知っていただける次につながるような流れにしました。

その結果、それぞれの気づきがさらに深まり、読書会終了後も大変盛り上がり、そしてFacebookでもつながり、皆さん交流を始められているようです。


― ご参加くださった方々がつながり、仲良くなっていくというのは、それだけその「場」が素晴らしかったということでもあると思います。
今後やってみたい読書会についてお考えのことがございましたら、ぜひお聞かせください。


3つあります。
 
一つ目として、今後はRead For Action読書会を、企業内研修や組織風土改革の一助にしていければと思っています。この2年半で沢山のリーディング・ファシリテーターが誕生し、各々ファシリテーション力を磨いてきました。

二つ目は、教育分野ですね。平成28年5月には、徳島県立高等学校の学校司書様向け(図書室管理)として、30数名の司書様にRead For Actionを体験いただきました。
メインのファシリテーターは吉野哲一さんに任せ、テーブルごとのサポ―トとして、南部真也さん、内藤史治さん、あずまかずえさん、宮尚司さん、宮美紀さん、中川利津代さん、そして高知県の織田茜さんにもご協力いただきました。とても評判がよく「また体験したい」というお声をいただいたことから、すでに平成29年8月に二度目の実施が決まりました。前回は1時間10分と短い時間でしたので、次回は2時間50分いただけました。
学生や生徒、児童といった若い人たちが本を通じて、将来を見据えて考える力やつながる力、対話を通じてコミュニケーション力が高められ、より自発的、自主的に日々の生活に向き合っていただきたいです。

三つ目はやはり、地域活性につながる課題解決です。
今後は、空海聖人(弘法大師)様がつくった四国88か所霊場のお遍路にちなみ、88名のリーディング・ファシリテーターの誕生サポートと、88か所Read For Action読書会の開催を視野に入れております。

現在、徳島ではリーディング・ファシリテーターが20名を越えています。
88を四国四県で割ると22なので、徳島はほぼ到達しており、他の香川・愛媛・高知でも同じくらいの人数になるようにRead For Action協会と強く連携して養成講座の開催も増やし、リーディング・ファシリテーターになっていただき、そして各地でRead For Action読書会が開催され、県外や海外の方も参加して地元の方とつながる仕組みができると、四国がより元気になるのではと思っております。
2022年~2023年までには、その人数を達成したいですね。
四国の方でRead For Action読書会を開催してみようとお思いの方は、ぜひお声掛けください。

この3つの目標は、いわば経営分野・教育分野・地域課題分野それぞれに関わっていく、ということになります。
そして、それぞれの分野での読書会が可能というのも、Read For Actionならではでしょうね。
多様な本を通じてダイアログをおこない、多様な方が新たな気づきを得てアクションにつなげられるという素晴らしい仕組みなので、とてもわくわくしております。

今後の展開に、どうぞご期待ください。


観元 眞人さんプロフィール
https://www.read4action.com/facilitator/detail/?id=161


Read For Action読書会の全国開催予定はこちらからご確認ください。
https://www.read4action.com/event/list/?cat=1

全国各地で個性豊かなファシリテーターが活動中です!
https://www.read4action.com/facilitator/list/


(2017年2月取材)