mail magazine

【Read for Actionコミュニティ通信】書店でも読書会、やっています!

【Read for Actionコミュニティ通信】書店でも読書会、やっています!

□■■━━━━━━━━━━━━ Read For Action ━━

 + Read For Actionコミュニティ通信 +

  2016.7.14      http://www.read4action.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■■
 読書でつながる。知識が生まれる。社会が変わる。Read for Action

 -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+


こんにちは、
リーディング・ファシリテーターの
下良果林(しもらかな)です。


前回に引き続き、
シニア・リーディング・ファシリテーター、
秋月仁志さんのインタビューをご紹介します。

今回は、秋月さんの読書会の場
「TSUTAYA EBISUBASHI」について、
さらにこれからやってみたい読書会に
ついてなど、お話をうかがいました。


 * * * * *

- 「TSUTAYA EBISUBASHI」は
  どのようなお店ですか?

秋月さん:

大阪ミナミの「かに道楽」や「くいだおれ」の
ある、よく観光客が写真を撮っている通り
にあります。

外国人観光客の人口密度がとても高いそうで
歩いてみると、聞こえてくる言葉は日本語より
中国語と韓国語の方が多いです。

「TSUTAYA EBISUBASHI」さんが入っているビルは
スターバックスさんやアットコスメさんが入り
日本人では好奇心旺盛で感度が高い
10代~20代の女性を多く見かけます。

「TSUTAYA EBISUBASHI」に置いている本は
付録付きの雑誌や、アジア人の観光客が
買いたくなるような日本の「カワイイ」文化を
発信するような本がたくさん置いてあります。

もちろん、別のフロアにはビジネス書や
小説なども置いてありますよ。


- その土地ならではの選書がなされている
  ということですね。
  そんな「TSUTAYA EBISUBASHI」で読書会を
  開催することのメリットはどんなことでしょうか。

秋月さん:

やはり「TSUTAYA EBISUBASHI」で開催する
ということは、お店のブランド力があるために
来られる方の心理的ハードルが下がり、
安心してご参加いただくことができます。

開催するリーディング・ファシリテーターも
TSUTAYAの書店員さんと一緒に何かできると
いうことで、ワクワクしながら取り組むことができます。

私自身は、「TSUTAYA EBISUBASHI」さんで
3月13日に神田昌典さんの「稼ぐ言葉の法則」で
メインファシリテーターとして開催しました。

読書が好きだけど、読書会はまだ体験したことが
ない、人とつながることに興味がある、という
方に、ぜひともご参加いただきたいですね。


- リーディング・ファシリテーターになられて
  ここが成長できた、やってよかった、と
  思えることはございますか?

秋月さん:

もともと自分は、人に話すことがあまり得意では
ありませんでした。聞くタイプ、受け取るタイプ
なので、自分が考えていることを人に積極的に
話すということがほとんどありませんでした。

でも、読書会に何度も参加し、リーファシとして
「TSUTAYA EBISUBASHI読書会」という場の
ファシリテーションをする、という自覚が生まれた
ことで「自分はこうしていきたい」ということを
考えたり、積極的に人に話すことができるように
なりました。

そして、会社以外でも、自分のライフワークを
持てたことが、自分にとって大きな成長です。
自分は会社員だから、社会に対して何もできない
と思っていました。それがRead For Action読書会
ファシリテーターをすることで、会社員でも何か
できるんだ、という自信が持てるようになったのは
大きな収穫でした。

「やってよかった」と思えるのは、参加者さんが
笑顔になって喜んでくれている時ですね。

Read For Action読書会の体験を、驚きながらも
すごく楽しんでもらえると、私もとても嬉しいです。

3月13日の読書会では、初めて参加された方から
「私もリーディング・ファシリテーターになりたい」
と言ってくださって、とても嬉しかったです。


- 今後、こういうテーマでやってみたい、
  というのがありましたらお聞かせください。

秋月さん:

前回お話ししましたが、新条正恵さんのおかげで
思いがけず著者とのコラボ読書会が開催できた
ので、そのチャンスを大切に、
著者をお呼びしての読書会を開催していきたいです。

「英語でRead For Action読書会」
をするのも目標です。
今は全く英語は話せませんが(笑)
神田昌典さんがおっしゃっていましたが、
もともと「Read For Action」という英語で
ネーミングされているので、いつかは日本の
読書文化として、世界の人達にも伝えていけたら
と考えています。


それと、3月に「TSUTAYA EBISUBASHI」の担当の
書店員さんが交代されました。

「本はほとんど読みません」と言いながらも
若くしてBOOK担当のリーダーに抜擢された方
なのですが、そのような「本はほとんど読まない」
という方でも、優秀な方々はたくさんいらっしゃる
ので、そういう方とも読書会を通して意見を
交わせるような、そんな読書会にしたいです。

あわせて、将来的には
読者さん、著者さん、書店員さん、
図書館の司書さんなど、本に関わる皆さんの
ネットワークを作り、読書会から生み出される
知識を集約した「ナレッジバンク」とでも
呼べるものを作っていけたらと思うと
ワクワクします。


 * * * * *

秋月さん、貴重なお話を
ありがとうございました!


☆「TSUTAYA EBISUBASHI」の読書会 次回は、7月30日です。
一般社団法人Read For Action協会の
リーディングファシリテーターが選ぶ2015年のベストブックス10で
第1位になった「スタンフォードのストレスを力に変える教科書」と
マインドフルネスの体験がセットになっています。
https://www.read4action.com/event/detail/?id=4304


読書会を開催するリーディングファシリテーターに
なってみませんか?

▼リーディングファシリテーター養成講座
http://www.read4action.com/whats_facilitator.php

▼開催日程

8月14日(日) 東京都
渡邉 康弘講師

8月20日(土) 東京都
木村 祥子講師

8月27日(土) 宮城県
山崎 泰央講師

お申し込みはこちらから
http://www.almacreations.jp/seminar/s_seminars/rf_schedule.html



∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

【RFAポータルサイト】
http://www.read4action.com/

【Read For Action facebookページ】
https://www.facebook.com/rfainfo


------------------------------
▼Read for Action運営事務局へのお問い合わせ
office@read4action.com までご連絡ください。
------------------------------
▼配信先メールアドレスの変更をご希望の方は
 マイページの「メールアドレス/パスワード変更」へお進みください。
https://www.almacreations.jp/mp/
(マイページへのログインが必要です)
------------------------------
▼マイページに初めてアクセスされる場合は
 「仮パスワードの発行」が必要となります。
https://www.almacreations.jp/sendpassword.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

- Read for Actionコミュニティ通信 -

配信:一般社団法人Read For Action 協会
http://www.read4action.com/

※本メールの著作権は一般社団法人Read For Action 協会に属しますが、
出典明記のうえ、ご自由に転載・転送ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(C) Read For Action All Rights Reserved.