mail magazine

【Read for Actionコミュニティ通信】「なぜ?」があなたを変える

【Read for Actionコミュニティ通信】「なぜ?」があなたを変える

□■■━━━━━━━━━━━━ Read For Action ━━

 + Read For Actionコミュニティ通信 +

  2017.10.25      

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■■

 読書でつながる。知識が生まれる。社会が変わる。Read for Action


こんにちは、
リーディング・ファシリテーターの下良果林(しもらかな)です。

少し前の話になりますが、11歳11ヶ月という史上最年少の若さで気象予報士試験に合格した女の子がニュースになりました。
気象予報士を目指したのは、家族でドライブに出かけた際「雲はなぜ落ちてこないのだろう」と思ったのがきっかけだったのだとか。
「なぜ?」と思ったことをスルーしたり、手軽に検索して終わらせたりせずにとことん追求していけば、飛躍や転機につながっていくのですね。

さて、今回もどしどし情報をお届けしてまいります!


■ 目次 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
(1)書評「論争の余地なきおすすめの本」より
(2)おすすめ読書会ピックアップ
(3)読書会 開催レポート
(4)「読書会を開催するにはどうしたらいいの?」という方に
(5)編集後記

(1) ━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
書評「論争の余地なきおすすめの本」より

Read For Actionブログの中でも、その骨太な内容から異彩を放っている書評「論争の余地なきおすすめの本」。

書評を手がけているのは、古典での読書会を継続的に開催している北畑 淳也さん。
第四回では、ハンナ・アーレント『全体主義の起源3』を取り上げています。

「全体主義」という言葉を聞いた時にヒトラーをイメージする人は、おそらく多いのではないでしょうか。
確かに、アーレントはヒトラーを「全体主義を導入した最も代表的な人物」としてあげています。そして著書の大部分にヒトラーや彼の作り出したナチスについての考察に当てています。

しかしこの「全体主義」は、ヒトラーの時代だけでなく、現代を生きる我々にとっても身近に存在しているのです。

それは一体、どういうことなのでしょうか?

続きはブログで。
http://blog.read4action.com/book_review/20170610/index.php


(2) ━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
おすすめ読書会ピックアップ

今回ご紹介する読書会のキーワードは「言葉」。
気になるテーマ、ファシリテーターの読書会がありましたら、ぜひご参加くださいね♪

●使える質問の意味を知り、コミュニケーションに活用しましょう!
人を動かす・自分も動かす魔法の質問読書会
11月3日(金) 東京都
ファシリテーター:西脇 美江子 、早野 光子
https://www.read4action.com/event/detail/?id=5567

●あいまいで、実はよく分かっていない言葉の意味を考えます
【割引あり】言葉に向き合う読書会- vol.5_『距離感』に向き合う -
11月4日(土) 東京都
ファシリテーター:矢野 将太
https://www.read4action.com/event/detail/?id=5606

●有名コメディアンの著書で、言葉を磨いてみませんか?
Read For Writing ~書くために読む読書会~ Vol.6 言葉を磨こう
11月11日(土) 東京都
ファシリテーター:下良 果林
https://www.read4action.com/event/detail/?id=5573


その他の開催情報はこちら
https://www.read4action.com/event/list/?cat=1


(3) ━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
読書会 開催レポート

7月22日~23日に開催された読書会のレポートをお届けします。

●ハイデガーを読みたがるなんて、もしかして……?
https://www.read4action.com/report/detail/?id=858

●本を通してつながると、オンラインでも打ち解けられます!
https://www.read4action.com/report/detail/?id=856

●美味しいランチして、東国三社参り……これって遠足?
https://www.read4action.com/report/detail/?id=857

●第1部、第2部で1000頁以上ある大作に挑戦!
https://www.read4action.com/report/detail/?id=853


その他の開催レポートはこちら
https://www.read4action.com/report/list/?cat=1


(4) ━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
「読書会を開催するにはどうしたらいいの?」という方に

「リーディング・ファシリテーターになってみたいけど、養成講座ってどんなことをするの?」という方に朗報!
酒井美佐シニア・リーディング・ファシリテーターが養成講座をどのように開催しているのかをブログに書いてくださいました。

約6~7時間という長丁場の講座ながら、参加者の皆さん疲れるどころか目がどんどんキラキラしていくそうです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください!
http://blog.read4action.com/message/20171017/index.php

記事を読んで「ファシリテーターになりたい」「読書会、開いてみたいな」と思ったら、こちらもどうぞ!


▼リーディング・ファシリテーター養成講座
https://www.read4action.com/facilitator/become/


▼開催日程

11月5日(日)  徳島県
末次 克洋講師

11月11日(土)  愛知県
末次 克洋講師

11月12日(日)  東京都
酒井 美佐講師

11月19日(日)  東京都
木村 祥子講師

12月15日(金) 長野県
末次 克洋講師

12月30日(土)  東京都
山本 伸講師

お申し込みはこちらから
http://www.almacreations.jp/seminar/s_seminars/rf_schedule.html


(5) ━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
編集後記

韓国で読書会を開催しているファシリテーター、徐 丞範(ソウ スンボム)さんにお話を伺う機会がありました。

ずっと本が好きで、現在では出版のお仕事もされているという徐さん。お父さまが韓国大使館勤務だった関係で、小学校5年生から高校2年生までの間、日本で暮らしていたそうです。

徐さんがリーディング・ファシリテーターになってから読書会を開催するまでの経緯やRead For Actionにかける想いを前編、韓国の出版事情や読書会組織の特徴、出版を通して実現したい夢を後編としてブログに掲載しましたので、ぜひご覧ください。

前編:壁を突破する
http://blog.read4action.com/interview/20171019/index.php
後編:ビジネスの視点から
http://blog.read4action.com/interview/20171020/index.php



∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

【Read For Action ポータルサイト】
http://www.read4action.com/

【Read For Action ブログ】
http://blog.read4action.com/

【Read For Action facebookページ】
https://www.facebook.com/rfainfo

------------------------------

▼Read for Action運営事務局へのお問い合わせ
office@read4action.com までご連絡ください。

------------------------------

▼配信先メールアドレスの変更をご希望の方は
 マイページの「メールアドレス/パスワード変更」へお進みください。
https://www.almacreations.jp/mp/

(マイページへのログインが必要です)

------------------------------

▼マイページに初めてアクセスされる場合は
 「仮パスワードの発行」が必要となります。
https://www.almacreations.jp/sendpassword.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

- Read for Actionコミュニティ通信 -
配信:一般社団法人Read For Action 協会

※本メールの著作権は一般社団法人Read For Action 協会に属しますが、
出典明記のうえ、ご自由に転載・転送ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(C) Read For Action All Rights Reserved.