message

あなたは部下の「心の疲れ」を知っていますか?読書会は「心を開く場」としても活用できます

あなたは部下の「心の疲れ」を知っていますか?読書会は「心を開く場」としても活用できます

休憩時間にたまたま自動販売機で出くわした20代後半の若手の部下の様子から、仕事中とは違う雰囲気の違和感をもったことはありませんか?

目線がずっと下を向いていたり、動きが鈍かったり、よくよく顔を見てみると、目の下にくまがあったり、白髪が目立つようになってきたり、、、


仕事に慣れてきたからやりがいを無くしてしまっているのか、プライベートが上手くいっていないのか、あるいは、仕事が忙しすぎて「仕事を楽しむ」という感覚を無くしてしまったのか、、、部下の元気がないことを心配したことはありませんか?

とはいえ、部下の元気がないことを単刀直入に聞くことは憚れることもあると思います。
たとえ部下が仕事やプライベートで悩みを抱えていそうでも、相手の捉え方しだいで「セクハラ」や「パワハラ」などにも発展しかねないこともありましょうから、「上司」という立場からは聞きずらいですよね?


以前「飲みニケーション」という言葉をよく見聞きしました。
それは、仕事が終わったあとに上司や同僚と飲みながら、仕事中にはいえない職場での悩みやプライベートのことなどを相談できる「場」でもありました。

景気の影響や世代間での考え方の違いなどもあるのでしょうが、仕事の帰りに「飲みに行く」という習慣は以前よりは少なく、今は「歓送迎会」などという行事的な飲み会はあっても、普段から職場の人と飲みに行くことはそれほどないのかもしれません。


けれども「飲み会」以外の場で、上司と部下が気兼ねなく「コミュニケーション」できる場があなたの職場にありますか?



厚生労働省の「労災支給決定」に係る調査によると、平成23年度から平成27年度の5年間の「脳・心臓疾患の労災補償」の決定件数は700件前後とほぼ横ばいですが、「精神障害の労災補償」では、1074件から1300件へと増加傾向にあります。

また、日本では毎年3万人前後の自殺者が出ていますが、そのうち2千数百人が「勤務問題を原因のひとつとする」とされています。

少なくとも、ここ最近の出来事としても職場の「過労」が原因のニュースが取りざたされることがあったわけですが、未だに「過労」は社会問題であることは間違いなく、特に、精神状態からの労災補償の状況は見逃せないのです。
それだけ、多くのビジネスパーソンが心に疲労を溜めているのです。


職場ではテキパキと仕事をこなし仕事上のミスもほとんどない部下が、たとえ傍目には分からなくとも、ほんとうはオーバーワークで苦しんでいるかもしれません。

けれども、誰かに相談することなど思いもつかず、むしろ、自分の悩みなど「取るに足らない」と勝手に判断してしまうことは、精神的に苦しい状況にある人の心理としてよくあることです。

仕事という「やるべきこと」に取り付かれて心の余裕を無くしてしまうと、周りが見えなくなってしまうのです。
責任感が強く真面目であればあるほど、「周りに迷惑をかけてしまう」といって自分に無理を強いかねないのです。


さて、あなたの会社は、実際に部下の異変を察知し、あるいは、何かあれば相談しやすい「風通しのいい職場」だと胸を張っていうことができますか?

実際のところ、あなたも仕事の悩みを職場内で昇華することができていますか?


もし、そこに「YES」と即答できないならば、Read For Actionの手法を使って「風通しのいい職場」を作ってみませんか?

Read For Actionの読書会は、部下や上司という立場はひとまず置いておき、お互いの意見を忌憚なくダイアログできる場でもあります。

なぜなら、そんなダイアログがファシリテーターによってちゃんとリードされるからです。


Read For Actionの読書会では、ファシリテーターによって誰もが等しく一定に「話す」時間が設定されます。
もちろん、その間は他言禁止ですし、上司や部下というステイタスの違いによって話す時間が変わることはありません。
しかも、決められた時間は「話す」ことが要求され、周りの人はその意見に口をはさむことなく「聞く」ことを要求されるのですから、発表者は、誰かに批評されることなく安心して「自分の意見を出す」ことができるのです。

話す人は「話す」ことに集中し、聞く人は「聞く」ことに集中します。
そして、自分の意見を「ちゃんと話す」ことと、相手の話しを「ちゃんと聞く」ということが促される場が、Read For Actionなのです。

このように、読書会では「話をしても大丈夫」「周りの人は聞いてくれる」という「誰もが安心できる場」をつくることをグランドルールのひとつにしています。
そのため、全く知らない他人同士が、Read For Actionの読書会を通じて繋がり、それをきっかけに人間関係が発展することは珍しくないのです。


実際に、たった2時間の読書会で初めて知り合いになったにも関わらず、「みんなで飲みに行きませんか?」とプライベートでのお付き合いが始まったり、SNSのメッセンジャーで個人的なやり取りを始めたり、なかには読書会がご縁で夫婦になったり、、、

つまり、Read For Actionには「心を開くきっかけ」があるということです。


如何でしょう。
上司や部下という立場を棚上げし、一見気丈そうにみえる社員がその胸の内を「開くきっかけの場」として、Read For Actionの読書会を社内にも取り入れてみませんか?


※Read For Action読書会の全国開催予定をこちらからご確認下さい!
https://www.read4action.com/event/list/?cat=1