message

Read For Actionのどこがイイ?!

Read For Actionのどこがイイ?!

Read For Actionの活動をしていると、「本をよく読む」という人にもいろいろなタイプの方があることを知ります。

たとえば

小説は好きだけど、ビジネス書は読もうと思わない。
恋愛ジャンルは読むけれど、思想本は買ったこともない。
思想本は好むけど、ノウハウ本は開きもしない。
専門書は没頭するけれど、小説は頭に入ってこない。
〇〇さんの作品はよく読むけれど、〇〇さんの作品は苦手。


「本を読む」といっても、みなさんの「読み方」があるようです。


そんな「本をよく読む」方の中には、Read For Action読書会に参加され、苦手だったり買ったこともないジャンルや作家の本を「試してみます!」といわれる方がいらっしゃいます。
そして始めの一歩として、スマホ片手に「今買いました~」と目の前で嬉しそうにご報告下さる姿を目の当たりできることは、リーディングファシリテーター冥利です。

読書会を通して、これまでにない「出会い」が紡げることを、とても嬉しく思うのです。


一方で。

Read For Actionを、読書好きが愛読書を紹介し合う場であったり、好きな作家やその著書を講評し合う場だと思われることがあります。

「読書会」という名前が、そうさせてしまうのかもしれません。


けれども。
「本を読むときまって眠たくなるから、、、」と読書を苦手に思っていても、愛読書やお気に入りの作家がなくても、「本を読んでみたい」と思う気持ちに応えるのが、Read For Actionという場でもあります。

ちょっとした興味本位であったり、あるいは、仕事柄、本を読む必要に迫られて、、、という場合でも構いません。どんな事情であれ、ほんの少しでも「本を読んでみようかなぁ~」という思いが湧くことがあるならば、この読書会に参加してもらいたい、と思うのです。


なにせ、Read For Actionは一風変わっているのです。
「事前に本を読まなくてもいい」読書会ですから。


「読書会」というと、読書が苦手な人には敷居が高く感じるかもしれませんが、「事前に本を読まなくてもいい」読書会です。
読書に苦手意識があったとしても大丈夫!

そう断言するのは、、、かくいう私が、読書に苦手意識を持っていたひとりだったからです。



今回はそんな私がお届けします。
読書に対する愛着がある人にも、そうでない人にも。
Read For Actionの「どこがイイのか?」


ジャンルや作家からもたらされる「本」に対する苦手意識。それが「和らぎました!」というお話は参加者さんの声としてもよく聞くことです。ですが今回は、なぜそうなるのか?がポイントです。


苦手意識が和らぐ秘密は、、、
Read For Actionが「どんな気づき」をも肯定するところにあるのです。



「本」を事前に読まなくてもいい読書会だからこそ、気負うことはありません。
みんな「本」の内容を知らないのですから!

そのとき「初めて」触れる本。
何が書いているのかはお楽しみ。

そして、そこからどんな言葉に出会い、何を感じるのかは、その時のその人しだい。


本を事前に読まないことで、参加者の誰もが予めの先入観も思い込みも持っていないのですから、読書からどんな考えを持ち、どんな意見を持とうとも、誰も否定することなどできないのです。

「そういう考え方もできるんだ~。」
肯定だけが選択肢。


また誰かの期待に応えようと思うと、「上手く答えよう」として発言のハードルは上がってしまいます。
けれども、読書会はどんな考え方をも肯定される場です。
誰の期待に応える必要もなく、その時に自分が出会った言葉を、安心して自分の言葉として紡げばいい、というわけです。


それに、、、リーディングファシリテーターが、ちゃんとその場を取り持ちます!!
誰もが安心して話せる場を作るのがリーディングファシリテーターの役割です。

自分の意見をいうのが得意な人、遠慮気味の人
読書会で用意された本の分野に馴染みのある人、馴染みのない人

どんな方にも、その読書会が楽しんでもらえるように有意義なものとなるようにするのが、リーディングファシリテーターです。

「読書会に興味がある」というだけで、大丈夫。
リーディングファシリテーターがそんな場を作りますから、安心して参加してほしいと思います。



さて。

100人いれば100通りの考え方があり、それぞれに個性があって当たり前。
たとえ自分と全く違う反応があったとしても、「そういう反応」というだけです。
読書会の参加者さんは、安心して「自分のこと」を話せます。


自分の内側の奥の方にしまいこんでしまっていた言葉に気づき、涙ぐまれる方もいらっしゃいます。
「こんな話をすみません、、、」とおっしゃいながら、誰にもいうことができずにいた言葉を、真摯に綴られる方もいらっしゃいます。

そしてその場にいる誰もが、温かくその言葉を見守るのです。


Read For Actionは、参加する方の安心安全を守る読書会でもあります。




Read For Actionに参加すると、自分の気持ちに正直になることができます。
他でもない「本」が手伝ってくれるのです。
そして、その場は誰もが肯定される場。

読書から得たどんな考えも、どんな意見も。



ずっと奥にしまってきた言葉が浮き上がるときは、少し戸惑うかもしれません。
けれども、それを発現させ口に出した後の清々しさといったら、、、言葉にはなりません。

参加者さんの表情をみればわかります。
晴れやかな笑顔に溢れているのです。



どんな気づきも肯定される安心感が、発言や本のジャンルの苦手意識を和らげます。
その安心感で、自分の素直な気持ちに気づくことができます。


「事前に読まなくてもいい」からこそ、成せるのかもしれません。



ほんとに?!と思ったら!

Read For Actionを体験してみてください。
今までと違う「あなた」と出会うことになるでしょう。





※Read For Action読書会の全国開催予定をこちらからご確認下さい!
https://www.read4action.com/event/list/?cat=1

※全国各地で個性豊かなファシリテーターが活動しております!
https://www.read4action.com/facilitator/list/