message

意外なお声がけが誰かをHAPPYに

意外なお声がけが誰かをHAPPYに

こんにちは、シニアリーディングファシリテーターの酒井美佐です。

先日開催した読書会でのお話です。
女性の参加者さんからこんなお声がけを頂きました。
『NewsPicksの読書会参加したんです。』
『読書会いいですよねー!』
とても嬉しかったのです。

『楽しかった』、そのセリフももちろん嬉しいのですが、
『読書会いいですよねー』
そう言われると、嬉しくなって、
『私もずっとそう思ってます!』+握手を求めたくなります。
(暑苦しくてごめんなさい)


今日は、意外なお声がけの大切さについて書いてみますね。

私達が日頃生活していて、お声がけできるシーンはたくさんあります。
私も意識しますので、ぜひあなたもお声がけ啓蒙活動しませんか?

『私、◯◯にいたんですよ。』(なので△△ですよ)
意外なところで言ってもらえると嬉しいのはだれでも。
これは見ててくれている嬉しさですね。
あとで話が繋がる面白さもあります。

ありがたいことに、参加者のかたが来てくれるからこそ、
読書会を続けることができています。
その中で、参加者さんからのお声がけで、とても救われることがあります。

なぜ読書会の中の声掛けが効くのか?
① 初めてあうメンバーが多く、最初はどきどきしているから
② 本を通して知り合っていて、日頃の利害関係がない
③ 参加のみなさんも前向きな未来志向のかたが多い

今回、私が意外なお声がけを頂いて、とても嬉しかったです。
常日頃、自分はまだまだ出来ていないかも。
当たり前のことでも、ちゃんと伝えていくのがファシリテーターだと思っています。


仲良し会ではなく、同年代の集まりでもない、読書会というコミュニティは、
とても心地良い場であるよう、ファシリテーターが率先してやらないとですね!

思ったからには、今夜の読書会から実行してみますね

心地よい場を作る、RFA読書会はこんなにあるんですよ~
https://www.read4action.com/

追記:
そうそう、冒頭の女性ですが、帰り際に・・・
『次はリーファシ講座でお願いします』
リーディングファシリテーターにご自身もなるとのこと。
本当にありがたいです。

楽しいから私もやってみたい!
あなたも私達の仲間になりませんか?
https://www.read4action.com/facilitator/become/