message

なぜRead For Actionに参加すると『人好き』になるのか?

なぜRead For Actionに参加すると『人好き』になるのか?

前回のブログ記事で、Read For Actionでは、


積読は解消され「こうすればいい!」と本に書かれたノウハウが手に入る、しかも人生の転機となる人との出会いがある読書会です。本をきっかけにダイアログを繰り返すことで、人に興味が持てるようになる。そしてますます人好きになることができます。


とお伝えしました。


今日はその部分をもう少し掘り下げたいと思います。
題して「なぜRead For Actionに参加すると『人好き』になるのか?」です。



『人好き』になるということは、人を肯定できるということでもあります。
人を肯定できるのは、もっというと、自分自身をも「ちゃんと」肯定できているからこそだと、私は常々考えています。


「自己肯定」というキーワードは、いまやいろいろなとこで取り上げられる話題でもあります。
みなさまも、なんどとなく耳にしたことがあると思います。


さて、まことにお恥ずかしながらではありますが、、、私などはそんなキーワードを耳にするたびに、当然のごとく「私は自己肯定できているから大丈夫!」などと念じていたものです(笑)

はい。
みなさまもご承知のとおり、そんなことを念ずるものに限って、自己肯定感は低いわけです(笑)


心理云々のことはさておきまして、自己肯定感の低さを自覚するに至った経緯があります。
実生活にてほとほと認めざるを得ない出来事があったことで、自身を見つめなおす機会を得たというわけです。


そして実は、自身を見つめなおすヒントを得たのが、Read For Actionの読書会でのダイアログでした。



Read For Actionでいう『ダイアログ』とは「答えのない意見交換」です。

『雑談』は、自分の話したいことばかりを聞いてもらうには最適です。
『ディスカッション』は、意見と意見を対決させてひとつの「答え」を作るには最適です。

ですが『ダイアログ』は、誰かの意見に対して「イイ・ワルイ」あるいは「正・否」を判断するものではありません。お互いに「そういう考え方があるんだぁ」というものを、<伝え合えること>を大切にします。
ときには、「それはどういうこと?」「なんでそう思ったの?」と相手に「もっと聞きたい!」「教えてほしい!」という前向きなツッコミを入れることもありましょう。

その前提は「あなたに興味があるので知りたいんです」という姿勢です。

つまり、Read For Actionで『ダイアログ』をするとなると、「あなたに興味があるので知りたいんです」という、常に相手に対する興味から、言葉が交わされることになります。


そして、それをリードするのがファシリテーターの大切な役目。

その役目を果たすことができる訓練されたファシリテーターがいるからこそ、Read For Actionでは、誰からともなくごく自然に、人へ興味を持つことができるのです。



「注目されたい」「認めてほしい」と思うのが人の性かもしれません。
けれども、人にそれを求めるのであれば、まずは「私」から。
その姿勢は兎にも角にも大切だということです。

そして、その姿勢を養えるのが、Read For Actionで繰り広げられる『ダイアログ』です。


読書会で何が一番盛り上がるのか?といえば、やはりこの『ダイアログ』です。
その日、その時間まで出会ったこともない他人同士が、読書会、という目的のもとに偶然集まり、人への興味から創られる『ダイアログ』には、嫌味も妬みも批判もありません。

ただ目の前の人が語る言葉を聞き、目の前の人に自分の言葉を語るのです。

誰からともなく、「仕事に対する信条」であったり「私の夢」が語られることがあります。すると次から次へと、伝染するように想いの詰まった言葉が交わされます。
とても真摯に。とても熱く。
本気の言葉の交流は、実に楽しく嬉しいものです。

本気のことばを語る自分がいる。
誰かの本気のことばを聞く自分がいる。

そこには常に、自分の言葉を語る「肯定」と、他人の言葉を聞く「肯定」があります。

そんな場が、Read For Actionなのです。


さて。
これらが、「なぜRead For Actionに参加すると『人好き』になるのか?」の私なりの答えでもあります。「肯定」し合える場だからこそ、自分のことも人のことも、好きになれるのです。



もし、職場やビジネスパートナー、あるいは家族との関係に戸惑っていることがあったり、「困ったな、、、」「なんとかしたいな、、、」と思うことがあったなら、ぜひ、Read For Actionの読書会に参加してください。

人間関係のもつれた糸を解くヒントが見つかりましょう。


なんとなくモヤモヤっとするものがあったなら、誰かと話をすることが一番のストレス解消法ともいわれます。
それを、実のない雑談でもなく、答えを探すためのディスカッションでもなく、人好きになれるダイアログでやろうというのです。

これは、あなたがモヤのなかからでるためのきっかけでもあります。




いかがでしょう。
こんな読書会。

全国各地で開催されています。
ぜひあなたの街の読書会に参加してみてください。



※Read For Action読書会の全国開催予定をこちらからご確認下さい!
https://www.read4action.com/event/list/?cat=1

※全国各地で個性豊かなファシリテーターが活動しております!
https://www.read4action.com/facilitator/list/