staff dairy

人もお金も動きだす! 都合のいい読書術

人もお金も動きだす! 都合のいい読書術

本は「読むな」! 「語れ!」 
読書こそ、AI時代の差別化戦略。
 
2015年1月に発刊された『バカになるほど、本を読め!』を改題し、加筆・修正の上、再編集され、『人もお金も動きだす! 都合のいい読書術』として新書版となり、パワーアップしました。
 
「これまでの読書は、著者が主役。
 これからの主役は、あなたです。」
 
本のカバーのそでの文章が、新しくなりました。
 
そして、16ページにわたる「はじめに」が追加され、30ページにわたるNewsPicks佐々木紀彦編集長との特別対談「『知的筋力』を鍛えなければ、日本人に未来はない」が収録されました。
  
本文も随所が加筆・修正されていますので、『バカになるほど、本を読め!』からわずか2年ちょっとで、Read For Actionがどれだけ進化したか、探しながら読むのもこの本のおすすめのひとつです。
 
さらに、神田さんが450冊の蔵書を整理して、手元に残した24冊のリストが巻末についているのが、とてもうれしいです。
 
昨年10月からこのブログを立ち上げ、活躍しているリーディング・ファシリテーターにインタビューして、記事を掲載していますが、300名以上いるリーディング・ファシリテーターの活動をすべてを紹介するのは、正直不可能です。
 
なぜなら、次々に活躍の報告があがってきて、インタビューが追いつかないからです。
 
そして、すばらしいなと思うのが、誰ひとりとして、まったく同じ活動はないことです。
 
読む本は違う、テーマは違う、参加者も違う。
 
そこには、どれが一番、誰が一番というのはありません。
 
たくさん集まった読書会もいいですし、
参加者がたった一人の読書会だとしても、その人の人生を変えてしまったのだとしたら、その読書会もかけがえのないものになります。
 
この本をきっかけに、もっと多くの方が読書会に参加いただけますように。
 
もっとたくさんのリーディング・ファシリテーターがうまれますように。

リーディング・ファシリテーターの活躍はこちらから。
http://blog.read4action.com/interview/