staff dairy

読書と対話、人と本。

読書と対話、人と本。

先日、紀伊国屋書店の会長の記事を読みました。

創業者の理念を受け継いで、事業を拡大する中で
読書のアドバイスなども交えた内容で
とても興味深い記事でした。

創業者の理念とは
「文化や芸術を支え、発信していくこと」
そのDNAを未来に引き継いでいくことだそうです。

記事の中では、平和には本が大事という事も書かれていました。
育児をしていて、読書を通じて豊かな心を育むということの大切さは
本当に肌で感じることです。
子どもが小さなころから絵本に親しみ、少し大きくなった今では
本を読むようになり、かなり創造力や文章力に影響があるように思います。

これからも良書に触れる多くの機会を作り、ともに
本を通じて多くの経験をしていきたいと願っています。

また、記事にはこのようなアドバイスも書かれていました。
・本はトレーニングが必要ということ
・家庭では読み聞かせを
・学校では図書館を整備して多くの本と出合える環境を
・教師はお薦めの本を紹介したり、その感想を聞いてサポートをする

自分で考えて書くという力を身に着けるためにも
読書量は大切ということでした。

読書を習慣化することは難しいかもしれないけれども
目の前で出会った本を手にとって読んでみて、感想を友人に話してみると
読書は価値あるものを残してくれるはず、と。

まさに、RFA読書会は、本と出会い感想を語り合える絶好の機会です。
他の人が話す内容を聞いたり、自分なりの考えを伝える中で
色々な発見があったり、自分の考えを見直すきっかけになったり。
対話を通じて、本を通じて、より深い生き方を見つけられる場です。
ぜひご参加をお待ちしております!

■RFA読書会 開催情報
 https://www.read4action.com/event/list/?cat=1